HOME業務案内 河川・海岸業務

河川・海岸業務の実績


H13 金武湾港(漢那地区)海岸護岸調査測量設計委託業務

発注者沖縄県北部土木事務所
設計年度平成12年度(2000年度)
位置沖縄県宜野座村漢那地内
業務概要 本業務は、宜野座村漢那地区において海岸施設の基本設計を行うものであり、防災、環境、景観等に配慮した海岸整備基本計画書作成を目的とする。
 本業務では、波浪推算を行うと共に、現地踏査、ヒアリング調査を行い、 利用面、防災面、環境面、景観面等を整理し、景観計画、海岸整備の基本方針の検討 、設定を行った。波浪推算結果、整備基本方針に基づき、 汀線変化シミュレーション等を行った比較案3案の平面配置計画、 各施設の整備イメージの検討を行い、利用、防災、環境、 景観に優れる案を採用すると共に、今後の実施に向けての課題等の整理を行った。
現場状況
完成写真

H17 小波津川設計業務委託

発注者沖縄県中部土木事務所
設計年度平成17年度(2005年度)
位置沖縄県西原町小波津地内
業務概要 小波津川は、流下能力不足のため降雨時に度々氾濫するなど治水安全度が低下していることから河川改修が予定されている。本業務では被害を受けている住宅連担地域について、完成後の河川断面、沿川の町道計画及び両者の施工順序を考慮した暫定計画検討を目的とする。暫定区間(延長)及び暫定河川断面は、簡易法(不等流計算)の他に、周辺地形や家屋等の障害物の影響を考慮して洪水流の挙動を表す氾濫特性モデル(平面二次元不定流モデル)にて決定した。
 暫定河川断面の設定では、既設ブロック積護岸を活かした断面形とし、完成形河川断面に対して工事の手戻りを最小限に抑えた断面等、コスト縮減に配慮した。
現場状況
完成写真

H22 池間海岸(水浜地区)離岸堤災害測量設計業務委託

発注者沖縄県宮古土木事務所
設計年度平成22年度(2010年度)
位置池間海岸(水浜地区)地内
業務概要 本業務は、宮古島の北側に位置する池間島内南部の離岸堤災害復旧を目的とする。被災原因の検証では、伝達率を考慮した人口リーフ通過波とリーフ上の波の変形を考慮し天然リーフの通過波を求め、さらに合成波とすることで設計波を設定した。対策工の検討では、被災した箇所が堤頭部付近であることを踏まえ、設計に対する被覆石の所要重量を1.5倍に割増する対策を講じた。また、断面の比較検討では上位計画における海岸環境に配慮した設計思想を取り入れ、自然石塊根固被覆工による復旧を提案した。
現場状況
完成写真

Copyright © 2011 Okinawa kensetsu giken co., Ltd All Rights Reserved.